Home > サービスのご案内 > 営業代行

営業代行

SPO セールスプロセスアウトソーシング

高コスト、不得意な業務をアウトソースするのは優れた経営判断です!!

永遠の課題、販路・顧客開拓の全工程をプロの営業マンが代行いたします

分業化が世界の潮流 ~選択と集中~

例えば、社員の採用においては、先進国を中心とした諸外国での社員採用は、日本の「総合職」の
ようなカテゴリーは一切なく、 全ての採用がそれぞれの部署の専門職として採用が行われているのが一般的なようです。

これは、勤務就労において、不得手な分野や作業までをも行わせるより、 得意な分野で存分に実力を発揮してもらった方が、より生産的であり合理的であるという判断です。 ”総合職”の括りで、組織全体にある業務を転々とさせることは、結果として生産性を著しく下げているかもしれません。

日本でも、会計や法務などは、早い時期から外注による業務執行方法が採用されておりますが、 現在では、デザイン、広告、システムなど、今や殆どの分野でアウトソーシングが存在しております。

規模拡大競争の時代が終わり、ゼネラリストよりスペシャリストが求められる時代。 得意分野に資源を集中し、それ以外は優れた外部の専門家に依頼する経営が増えております。

これらは、中小企業に限ったことではなく、大企業においても進んでおります。 その理由として、
事業経営に必要な専門カテゴリーが拡大、更に各領域が複雑化していることなども、 一因としてあり、専門家への外注アウトソーシングの重要性は今後益々高まっていくことと思います。


アウトソーシングによる資源獲得効果

営業戦略は、キャリア20年以上の者で構成される
戦略室で、御社の目的に最適な計画を立案し実行に
移します。 全ての実行オペレーションは、コミュニケーション、ネゴシエーションの上級者である、
プロのセールスエージェントにより行われますので、
質の高い接触が効率的に行われ、資料請求やアポイント、成約獲得などの貴社の目的遂行までに短距離での到達が可能になります。

1、宣伝プロモーション効果

消費購買行動へ誘因するものとは、経験や知識など“認知”の範囲にしかありません。 即ち、知られていなければ当然、買ってもらえることはないのです。 TV・新聞等の広域プロモーションでは成し得ない、貴社商材・サービスに対しニーズのある適切な対象者へ直接リーチしますので、 メッセージ到達率は極めて高く、貴社及び商品・サービスの認知は確実に向上し、その効果は長期に亘り効果を発揮します。

2、ダイレクトレスポンスによる即時評価の取得

流行や様々な環境変化によるニーズの変化は突然に起こります。よって、リリース前後に係わらず、 常に消費者やユーザーの動向は注視する必要がある重要な情報です。 商品・サービスの設計や規格・仕様に
ついて等、ユーザーやその分野の専門家からの貴重な意見を日々ダイレクトに取得出来、 経営上の様々な戦略や計画に反映させることが出来ます。

3、大量の優良顧客予備軍(リスト)獲得

単純に、100人より10,000人が存在する市場で、商品を紹介した方が、成約実数が多くなる可能性が高いわけですが、 更に、非選別の10,000人ではなく、プロが直接的な接触の中でセグメントした、10,000人を見込み客として 獲得出来ることで、継続して紹介が行えるユーザー層を囲い込み、安定継続した成約に繋がる基盤を獲得できます。

plan do check action

アウトソーシングによる費用削減効果

アウトソーシングを活用することで営業の上級専門職を含む必要な人員を採用費・研修費・固定雇用費を一切かけずに、 現役のプロの営業マンを即時、臨時雇用が可能になります。

1、採用・研修費の削減
新卒 200万円、中途 120万円(1人当)

2、固定費の削減
若手職員   月給25万円 年間費用約 500万円(給与・管理・社保・福厚費含む)
中堅職員   月給40万円 年間費用約 780万円(      〃      )
上級専門職員  月給70万円 年間費用約1,500万円(      〃      )

3、知識・機材・素材の取得・購入・更新費の削減
外部研修      年1回約20万円
素材・機材購入  30万円~数千万円

専門領域の知識や技術は日ごとに進化し、複雑化しております。 今や、コミュニケーションは多様化し、
“営業職”とは商品知識の習得だけでは全く成立いたしません。 高いコミュニケーションスキルや優れたプレゼンテーションスキル他、多数のスキルが必要になります。

plan do check action